【脱獄不要】iOS11でもできる位置偽装!ポケモンGO

posted in: 位置偽装 | 0

【脱獄不要】iOS11でもできる位置偽装!ポケモンGO


こんばんは。@Adolfoi_です。

今回は、前回の位置偽装よりさらに使いやすいiPhoneで使える位置偽装をご紹介いたします。

 

必要なもの


・iPhone

・Macintosh

・Appleの年会費(年間約1万円ほど)

・Xcode

・iPhoneのケーブル

Pokemon-GO-Controller-for-Mac

以上のものを用意します。

 

手順1

Appleに開発者登録しましょう。

年会費1万円ほどです。自動更新はされません。

 

手順2


Xcodeをダウンロードしましょう。

 

手順3


Pokemon-GO-Gontroller-for-Mac(以下、ポケGOコントローラー)をGithubからダウンロードします。

https://github.com/gbmksquare/Pokemon-GO-Controller-for-Mac

 

手順4


  1. Pokemon GO Controller Mac.xcodeprojをビルドして実行します。
  2. 任意の場所をクリックして開始点を指定します。
  3. pokemon_location.gpxはダウンロードフォルダに保存されます。
  4. 空のiOSプロジェクトを作成します。
  5. PokémonGOを搭載したデバイスでiOSプロジェクトを実行します。
  6. pokemon_location.gpxファイルをiOSプロジェクトのProject Navigatorにドラッグします。 「必要に応じてアイテムをコピーする」にチェックを入れないでください。
  7. iOSプロジェクトで、[デバッグ]> [場所のシミュレート]> [プロジェクトにGPXファイルを追加…]> pokemon_location.gpxを選択します。
  8. Debug> Simulate Locationでpokemon_locationがすでに利用可能な場合は、この場所をクリックしてください。
  9. Xcode連続ロケーションシミュレーションを開き、実行します。
  10. スクリプトエラーが発生した場合は、この手順の前に手順8または9を繰り返す必要があります。
  11. OS Xアプリのクリックまたは矢印キーを使用して移動します。 GPXファイルはApple ScriptによってiOSデバイスに継続的にアップデートされ、同期されます。

 

ポイントはダウンロードフォルダにgpxファイルを置いておくことと、スクリプトファイルをちゃんと実行しておくことです。

Macの物理方向キーが使えるので、とても使いやすいです。

Mapをクリックしたら即その地点まで飛ぶので、お気をつけください。

※自己責任でお願いします。

何か不明点があればコメントどうぞ。

 

ありがとうございました!

Leave a Reply