RapdifireTap (iOS 12 – 13)リリース

RapidfireTap

こんにちは。アプリ開発者のアドルフォイです。
先々月から開発していたRapidfireTapのiOS12・iOS13対応作業が完了しました。
現在Packixリポジトリからダウンロードとインストールが出来ます。

その他に必要なアプリとプログラムがありますのでそちらも記載します。


インストール

1.ZJXTouchSimulationのダウンロード
Jason Z リポジトリからZJXTouchSimulationをインストールします。
自動タッチを実現するのに必要なプログラムです。
下記ソースを追加します。※httpsではなくhttpにしてください。
Jason Zリポジトリ
http://47.114.83.227
ZJXTouchSimulationと同時にPython 3.7がインストールされます。
Python(パイソン)は人気のあるプログラミング言語の一種です。
PythonをインストールすることでZJXTouchSimulationが使用できます。

2.RapidfireTap (iOS 12 – 13)本体のダウンロード
PackixリポジトリからRapidfireTap (iOS 12 – 13)をダウンロードします。
Packixリポジトリ
https://repo.packix.com/
『RapidfireTap (iOS 12 – 13)』が最新版です。
$2.99の有料脱獄アプリです。
ご購入後インストールして使用できます。

3.準備完了
これでインストールは完了です。

使い方

1.概要
RapidfireTapは自動で高速タップ(速度調整可)ができる脱獄アプリです。

2.設定
iPhoneの設定アプリのRapidfireTapの項目から速度設定が可能です。
タップ速度を0.02秒〜20秒の間で設定できます。
スライダーで調整します。
※表示上は0.01〜10秒ですが、タップ前とタップ後に合計2回処理があるので実際は0.02〜20秒です。

とても簡単
すごく速い

お値段なんと2ドル99セント!日本円にして約317円!!
弁当1個分で使えるのでお買い得です!!

割らないで買ってください(´^ω^`)

3.起動
ホーム画面を「5回タップ」します。
するとスイッチのついた円と小さい円が出ます。
スイッチをオンにすると、小さい円の位置を連打します。
オフにするか小さい円を移動すると、止まります。

動画

YouTuber活動も始めました。
正確には以前から趣味のカードの開封動画を上げていました。
今後は事業としてICT関連の動画も上げていきたいと考えています。
チャンネル登録よろしくお願いします。
アドルフォイ – YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です